青汁の原材料について

青汁を代表する原料に大麦若葉とケールがありますよね。どちらがいいでしょうか?
まず、大麦若葉とは、イネ科の植物で、ケールはアブラナ科の野菜です。大麦若葉は、大麦が若いうちに葉を刈り取ってしまいます。

 

どちらも栄養価が高いので青汁には適しているんですよね。ただ、大麦若葉の方が食物繊維や葉酸やカリウムなど若干栄養価が高いものがあります。これだけ聞くと大麦若葉の方がいいじゃんと思いますよね。その上、ケールには味に独特のクセがあるので苦手な人もいるかもしれません。

 

でも、大麦若葉になくてケールにしかないっていない栄養価もあるんです。メラトニンという栄養だそうです。このメラトニンは、アンチエイジングや抗がん作用があるそうです、また、ガン予防などが期待できるアリルイソチアネートという成分も入っているんだそうです。

 

大麦若葉とケールはどちらも素晴らしい野菜で高い栄養価が期待できます。どちらが良いかという結論はもちろんでませんが、自分が期待している効果がありそうな青汁を見つけることがいいですよね。私は、あれとあれとあれと・・・って欲があり過ぎるのは、問題外ですよね(^^;
青汁比較はポイントを絞ってほどほどにしておくことが必要です。